ページの先頭です

病院概要

安房地域医療センターは安房地域における2次救急病院です。
急性期からリハビリテーション、健診事業まで地域のニーズに応える地域密着型の病院です。
暮らしに寄り添った安心で快適な医療を提供します。

概要

施設名称 社会福祉法人太陽会 安房地域医療センター
施設所在地 千葉県館山市山本1155番地
開設者 社会福祉法人太陽会 理事長 亀田 信介
院長(病院管理者) 福内 正義
開設年月日 2008年4月1日
施設規模 建物 本館:地上6階 地下1階 救急棟:地上3階
病床数 許可病床数 149床
標榜科目 内科 呼吸器内科 消化器内科 循環器内科 アレルギー科 リウマチ科 小児科
外科 整形外科 泌尿器科 麻酔科 糖尿病内分泌内科 脳神経内科 救急科 乳腺外科
腎臓内科 腫瘍内科 人工透析内科 リハビリテーション科 放射線科 皮膚科 形成外科
産婦人科
指定等 保険医療機関 労災保険指定医療機関 生活保護法指定医療機関 被爆者一般疾病医療機関
指定自立支援医療機関(更生医療 育生医療 精神通院医療) 災害拠点病院
救急告示病院 臨床研修病院(協力型)
認定等 病院機能評価 機能種別版評価項目3rdG:Ver.2.0一般病院2
ISO9001:2015 認証取得
無料低額診療事業実施施設
在宅療養支援病院
公衆衛生
職域保健・地域保健
健診事業
・特定健康診査及び特定保健指導事業
・後期高齢者の健康診査事業
・がん検診(胃がん・乳がん・子宮がん・大腸がん・肺がん・前立腺がん・肝炎ウイルス)事業 
・骨粗鬆症検診
・協会けんぽ 生活習慣病予防健診
・健康保険組合直接契約ドック (1日ドック 脳ドック)
・健康保険組合連合会 生活習慣病予防健診
・労働安全衛生規則準拠 健康診断
・特殊健康診断 
・学校保健集団健診
・個人による健康診断(入学、就職、各種資格取得及び受験時等)
・各種予防接種
主要設備 一般撮影装置  FCR  巡回式X線装置  80列マルチスライスCT
64列マルチスライスCT  3.0テスラMRI装置  ガンマカメラ装置  FPD方式X線TV
FPD方式乳房撮影装置  バイプレーン型FPD方式循環器系X線診断装置
X線骨密度測定装置  外科用イメージ装置  胃部検診車  骨塩量測定車
胃・胸部検診車  循環器検診車  人工透析装置  アブレーション装置
3Dマッピング装置  IABP(大動脈内バルーンポンプ)  生化学自動分析装置
自動酵素免疫測定装置  超音波診断装置  多項目自動血球分析装置
自動グリコヘモグロビン分析装置  全自動糖分析装置  汎用血液ガス分析装置
液状処理細胞診標本作製装置  全自動血液凝固測定装置  血液培養自動分析装置
微生物感受性分析装置  多機能心電計  肺機能装置  脳液測定装置
睡眠時無呼吸検査装置  血圧脈波測定装置
併設施設 保育所(24時間対応)、ヘリポート

施設基準

《関東信越厚生局長への届出事項に関する事項》

基本診療料に係る事項 ■ 機能強化加算
■ オンライン診療料
■ 一般病棟入院基本料(急性期一般入院料1)
■ 救急医療管理加算
■ 診療録管理体制加算1
■ 医師事務作業補助体制加算1(15対1補助体制加算)
■ 25対1急性期看護補助体制加算(看護補助者5割以上)
 (注2)夜間30対1急性期看護補助体制加算
 (注3)夜間看護体制加算
■ 看護職員夜間配置加算(12対1配置加算1)
■ 療養環境加算
■ 栄養サポートチーム加算
■ 医療安全対策加算1
 (注2)医療安全対策地域連携加算1
■ 感染防止対策加算2
■ 患者サポート体制充実加算
■ 後発医薬品使用体制加算1
■ 病棟薬剤業務実施加算1
■ データ提出加算2(ロ)
 (注3)提出データ評価加算
■ 入退院支援加算1
 (注8)総合機能評価加算
■ せん妄ハイリスク患者ケア加算
■ 精神疾患診療体制加算
■ 地域医療体制確保加算
■ ハイケアユニット入院医療管理料1
■ 短期滞在手術等基本料1
特掲診療料に係る事項 ■ 心臓ペースメーカー指導管理料の注5に掲げる遠隔モニタリング加算
■ 糖尿病合併症管理料
■ がん性疼痛緩和指導管理料
■ 婦人科特定疾患治療管理料
■ 地域連携夜間・休日診療料
■ 院内トリアージ実施料
■ 夜間休日救急搬送医学管理料の注3に掲げる救急搬送看護体制加算1
■ ニコチン依存症管理料
■ がん治療連携指導料
■ 薬剤管理指導料
■ 医療機器安全管理料1
■ 別添1の「第14の2」の1の(1)に規定する在宅療養支援病院
■ 在宅時医学総合管理料及び施設入居時等医学総合管理料
■ 在宅酸素療法指導管理料の注2に掲げる遠隔モニタリング加算
■ 在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料の遠隔モニタリング加算
■ 検体検査管理加算(Ⅱ)
■ HPV核酸検出及びHPV核酸検出(簡易ジェノタイプ判定)
■ 心臓カテーテル法による諸検査の血管内視鏡検査加算
■ 時間内歩行試験及びシャトルウォーキングテスト
■ ヘッドアップティルト試験
■ 神経学的検査
■ 遠隔画像診断
■ CT撮影及びMRI撮影
■ 外来化学療法加算2
■ 無菌製剤処理料
■ 心大血管疾患リハビリテーション料(Ⅰ)
■ 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
■ 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
■ 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
■ がん患者リハビリテーション料
■ 集団コミュニケーション療法料
■ 人工腎臓(慢性維持透析を行った場合2)
■ 導入期加算1
■ 透析液水質確保加算及び慢性維持透析濾過加算
■ 下肢末梢動脈疾患指導管理加算
■ 椎間板内酵素注入療法
■ 脊髄刺激装置埋込術及び脊髄刺激装置交換術
■ 経皮的冠動脈形成術(特殊カテーテルによるもの)
■ ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
■ 大動脈バルーンパンピング法(IABP法)
■ 胃瘻造設術
■ 輸血管理料Ⅱ
■ 輸血適正使用加算
■ 人工肛門・人工膀胱造設術前処置加算
■ 胃瘻造設時嚥下機能評価加算
■ 麻酔管理料(Ⅰ)
■ 保険医療機関間の連携による病理診断
その他 ■ 入院時食事療養/入院時生活療養(Ⅰ)
■ 酸素の購入価格に関する届出

(2021年9月1日現在)

沿革

2008年 3月13日
病院開設許可(一般149床)
2008年 3月14日 病院使用許可(一般149床)
2009年 5月 1日 標榜診療科に糖尿病内分泌内科・脳神経内科・救急科・乳腺外科・腎臓内科・人工透析内科を追加(全16科)
2010年 4月 1日 標榜診療科に整形外科を追加(全17科)
2010年 7月 1日 診断群分類(DPC)包括支払い方式導入
2011年 4月 1日 標榜診療科に腫瘍内科を追加(全18科)、CCU開床
2012年 4月 1日 標榜診療科にリハビリテーション科を追加(全19科)
2012年 5月 7日 救急棟オープン
2012年11月19日 無料低額診療開始
2013年 6月 1日 標榜診療科に放射線科を追加(全20科)
2015年 9月 1日 標榜診療科に皮膚科を追加(全21科)
2017年 6月 1日 入院基本料7対1取得
2017年12月 2日 ISO9001:2015認証更新(2011年12月26日 ISO9001:2008初回認証より継続
2018年 2月 1日 標榜診療科に形成外科を追加(全22科)
2019年 3月 1日 病院機能評価 機能種別版評価項目3rdG:Ver.2.0 一般病院2認定更新(2013年12月6日 機能種別版評価項目3rdG:Ver.1.0 一般病院2 初回認定より継続)
2019年 7月 1日 HCU開床
2020年10月 1日 標榜科目に産婦人科を追加(全23科)