Page Top

透析科

  • 診療内容
  • スタッフ紹介

診療内容

透析センターでは、主に慢性腎不全の方を対象とし、血液透析の導入と維持治療を行っております。また、近隣の透析施設から当院に入院された方の透析や、急性腎不全に対する血液浄化または自己免疫疾患に対する免疫吸着療法にも可能な範囲で対応しています。2012年5月には新棟に引っ越し、設備も新たとなり、現在33台の透析機で約125名の方が治療を受けられています。

血液透析の生命線といえる透析用水は、極限まで清浄化した状態で維持されています。これにより、透析が原因となる体の中の炎症反応やアレルギー反応が少なくなり、貧血の改善、アミロイド蓄積の予防、栄養状態の改善などの効果が期待できます。さらに、このきれいな透析液を利用して、現在6台の専用透析機で前希釈オンラインHDFを行っており、かゆみやいらいら、関節痛、透析時血圧低下などの改善を図っています。その他、個人用透析機では無酢酸透析液が使用可能であり、少量の酢酸でも体に合わない方や、血液が酸性に傾きやすい方などに対応しています。

スタッフは、医師(常勤2)、看護部門、臨床工学部門、事務部門合わせて20余名で、事故のない安全かつ有効な透析を提供出来る様心がけております。個々の患者さまにとって最適な透析内容を設定し、かつ、合併症に対する迅速な対応が出来るよう、通常の血液検査や画像検査に加え、体成分組成検査、シャント血流量測定・再循環測定、血管・副甲状腺超音波検査など、ベッドサイドの検査も取り入れております。透析センター内での対応が難しい合併症が生じた場合は、当院の他科あるいは亀田総合病院と連携を取り、高度な治療を受けていただくことが可能です。

今後、さらに診療内容を充実させ、当院で透析を受けられる方々が皆「元気で長生き」できるよう、透析センタースタッフ一同、一丸となり研鑽努力を重ねていく所存ですので、どうぞよろしくお願い申し上げます。