Page Top

循環器内科

  • 診療内容
  • 診療担当医表
  • スタッフ紹介

診療内容

2011年4月に心臓血管撮影装置を最新の機種に更新し、更に重症な患者さまにも対応できるように循環器疾患の集中治療室であるCCU(冠疾患集中治療室)を新設しました。
従来同様に高血圧症や心不全、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、弁膜症、不整脈、静脈疾患、末梢動脈疾患など循環器系全般にわたり、診療をおこなっています。
 

当院には心電図、心臓超音波検査(カラードップラー法含む)、24時間心電図やイベントレコーダー、脈波検査(ABI)といった非侵襲的検査の他、運動負荷心電図、心筋シンチグラム、冠動脈CTなどの検査が可能医療機器を備えております。
問診や診察とこれらの検査結果を組み合わせ、必要に応じてカテーテル検査を行い適切な診断、治療を進めていきます。


従来からの心臓カテーテル検査、ならびに虚血性心疾患に対する経皮的カテーテルインターベンション(風船やステントと呼ばれる金属メッシュを用いて詰まった心臓の血管を広げる治療法)や脈がゆっくりになってしまった場合のペースメーカー治療などを行ってまいりましたが、今回のカテーテル室の更新に伴い、新たに脈の速い不整脈に対する根本的な治療であるカテーテルアブレーション治療(心筋焼灼術)が行えるようになりました。
 

最新のシステムを導入し心臓を3次元で立体的にとらえ、不整脈の原因となる部分をピンポイントに、不整脈を治癒させる強力な治療が可能となりました。 できれば事前に外来予約をお勧めしますが、循環器疾患は胸痛、息切れ、動悸、めまいや失神、むくみ、全身のだるさ、歩行中の足の痛みなど様々な症状を引き起こします。 外来予約が先であっても、それまでに調子が悪ければ我慢せずに早めに受診することを心がけてください。