Page Top

脳神経内科

  • 診療内容
  • 診療担当医表
  • スタッフ紹介

診療内容

脳神経内科は、脳・脊髄・末梢神経・筋肉を冒す疾患を主な対象としています。これらの障害により、意識がおかしい、忘れっぽい、痙攣する、力が入らない、しびれる、めまいがする、歩きにくい、頭痛がする、呂律が回らない、体が勝手に動く等の症状を呈します。


疾患としては脳梗塞・脳出血、アルツハイマー病、てんかん、パーキンソン病、片頭痛、 多発性硬化症、重症筋無力症、脳炎・髄膜炎、ハンチントン病等があります。
神経疾患は、多くの場合、完全には治りません。時間とともに悪化していく進行性のものや、一旦治まってもまた後で再燃する再発性のものも多いです。また何らかの後遺障害を残すことも多いです。


脳神経内科では、これらの症状・疾患・後遺障害に対し、診療を行なっています。
神経疾患を診断するには、まず病気の流れを把握することが重要で、症状がどのように始まり、どのように推移してきたかを問診により把握する必要があります。また様々な診察・検査により、病気の今の姿を把握するようにしています。検査の中には、被爆や痛みを伴う不快なものや、非常に長い時間のかかるものもあります。治療は、内服薬を主としていますが、必要に応じ点滴・注射薬その他を使う場合もあります。また日常生活上の注意を行なうこともあります。


当院では行えない検査・治療に関しては、他院を紹介しています。また通院その他、セカンド・オピニオン等も含め、希望があれば他院での紹介を行っています。
外来診療は原則として予約制としています。しかしながら、できる限り多くの方を受け入れるようにしていますので、また予約がない方でも状況により受け入れるようにしていますので、結果として待ち時間が長くなり、予約時間を過ぎることもしばしばです。
脳神経内科に限りませんが、診療を行うには、患者側・医療者側双方の協力が必要です。
「おまかせ」では診療は成り立ちません。少しでも良くなるように、共に努力していきたいと考えています。