Page Top

消化器科

  • 診療内容
  • 診療担当医表
  • スタッフ紹介

診療内容

消化管(食道、胃、大腸)と肝臓、胆嚢、膵臓疾患の検査・治療をおこなっています。
上部消化管内視鏡検査、下部消化管内視鏡検査、腹部超音波検査、CT、MRI、腹部血管造影等の検査を行い、急性期疾患、慢性期疾患に幅広く対応しています。
早期胃癌や大腸癌の早期発見、治療に力を入れています。
また、進行癌の場合は外科、腫瘍内科とも協力して治療にあたっています。
 

得意分野
消化管 : 消化管腫瘍(特に胃癌、胃ポリープ、大腸癌、大腸ポリープ)の内視鏡診断・治療(内視鏡粘膜切除術、内視鏡的粘膜下層切開剥離術)逆流性食道炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの診断・治療(内視鏡的止血術、薬物治療)、ヘリコバクターピロリ菌の診断・治療、炎症性腸疾患の診断・治療。
肝臓 : 急性肝炎、慢性肝炎(特にC型慢性肝炎にはインターフェロン・インターフェロンフリー・肝庇護剤、瀉血療法)、肝硬変・肝細胞癌の診断・治療(ラジオ波焼灼療法、経皮的エタノール注入療法、肝動脈動注塞栓療法)。
胆嚢・膵臓 : 急性胆嚢炎の内科的治療(経皮的胆嚢ドレナージ)、総胆管結石の内視鏡治療(内視鏡的乳頭切開術、内視鏡的機械式砕石術)等、胆管癌や膵癌の内視鏡治療(内視鏡的金属ステント留置術)および内科的治療、急性膵炎、慢性膵炎等。

吐血、下血、血便、下痢、腹痛、黄疸などの症状の時は消化器疾患であることが少なくなく消化器科を受診することをお勧めします。また、症状のない時の検診のバリウム検査や便潜血検査が陽性の場合には内視鏡検査が必要であり当科が対応しています。
常勤医師と数名の非常勤医師にて内視鏡検査をおこなっています。
当科は積極的に各種学会や研究会に参加し、新しい治療の導入など最良最適の医療提供と共に丁寧でわかりやすい説明ができるように努めています。