ページの先頭です

教育

新人教育にはプリセプター制度を採用しています。
新人看護師の不安を少しでも和らげ、精神面でのフォローを大切に病棟・病院全体で新人看護師を見守ります。技術面においてもチェックリストに基づいて確実に身につけることのできる教育内容です。
一人ひとりの能力を伸ばせる環境づくりを心がけています。

教育理念

  • 看護専門職として常に向学心を持ち続け自己研鑚し、

「心・知識・技術」3つの均整がとれた、信頼される看護師となる。

当院の看護部教育の目標

  • 看護知識・技術を正確に習得して、安全・安心な看護を自信を持って提供できるようになる。
  • 個々がキャリアデザインを描くことが出来、実現のためのステップを研修・選択をする。

看護教育の特徴

  1. 1 .基礎を大切にする教育
  2. 2 .関わってみる、体験をしてみる教育
  3. 3 .OJT重視で生きた看護実践教育
  4. 4 .ジェネラリスト・教育・管理・認定等の選択

経年的到達目標

継続教育

STEP1

卒後1年目は新人研修ガイドラインに沿った研修があります。

  • 助言を受けながらマニュアルに沿って看護実践ができる。
  • 自己の役割を理解し、指導を受けながらその役割を果たすことができる。
  • 指導を受けながら自己学習計画をたて、実践に生かすことができる。
  • 自立して看護実践ができるための初期ステップで学習と経験をリンクさせる。
STEP2
  • 自立して看護実践ができる。
  • 自己の教育スケジュールが立てられ、実力を自ら高めることができる。
  • 組織の中の役割を知りそれを果たせる。
  • ジェネラリスト・教育指導者・認定・管理職等、将来の自身のナース像をイメージし、方向付ける。
STEP3
  • 専門性を発揮し、自立的判断。効果的実験ができる。
  • チーム活動でリーダーシップが発揮できる。
  • モデルナースとして指導・教育的に関われる。
  • 将来の自身のナース像に向けて、研修・研鑚に努める。
  • 積極的に委員会活動する。
STEP4
  • 専門性を発揮し高度な知識技術を持って、職務遂行できる。
  • 選択した役割を効果的に発揮できる。

到達目標

STEP1

目標
  • 指導・助言を受けながら看護実践する。
  • 自立して看護実践、自己学習計画ができるようになる。
  • 3年目プリセプターになる。
研修・研究等
  • 新人研修
  • 教育委員会主催研修等 BLS その他・チェックリスト評価を受ける。
役割
  • 指導を受けながら一通りの看護実践ができる。
  • プリセプターとして後輩を支援する。

STEP2

目標
  • 広範囲な知識技術によって看護実践ができる。
  • 積極的自己啓発ができる。
  • メンバーの指導ができる。
研修・研究等
  • 看護協会研修
  • 教育委員会主催研修
役割
  • リーダーシップ
  • 看護研究
  • 標準以上の役割が果たせる。

STEP3

目標
  • ジェネラリスト 管理・監督
  • 教育者
  • 認定看護師等方向を定め、研修を重ねる。
研修・研究等
  • 専門分野の研修に参加する。
  • 院内外講師をする。
役割
  • 委員会リーダー
  • 看護研修指導
  • 熟練者として看護の質をあげる。

STEP4

目標
  • ジェネラリスト 管理・監督
  • 教育者
  • 認定看護師等、エキスパートとして更に専門性を深める。
研修・研究等
  • 専門分野を深めるため、学会等積極的に参加する。
役割
  • 各分野エキスパートとして職場の率引者となる。