ページの先頭です

初期研修医

初期研修医

当院は亀田総合病院の協力型臨床研修病院であり、地域ジェネラリストプログラムの中核を担っています。
このプログラムの目的は、地域医療の現場で、地域医療を担う医師を育てることであり、毎年4名募集しています。

地域ジェネラリストプログラムを志望される皆さまへ

皆さん、ようこそ安房地域医療センター研修医募集のページへ
このサイトを見ている方は、地域へ貢献できる「ジェネラリスト」を目指している方でしょう!やる気のある方、是非一度見学に来てください。亀田総合病院・沖縄県立中部病院でのティーチングスタッフを併任している私もお勧めするプログラムです。

地域ジェネラリストプログラムは、地域の再構築に貢献できるジェネラリストの育成を目的としています。以下の特徴があります。

1.安房地域医療センターをホームとした二次救急医療や予防医学への貢献
2.亀田ファミリークリニック館山との連携による内科・小児・産婦人科のクリニック研修
3.亀田総合病院での最先端医療・専門科研修

中規模であるからこそ実施できる医療があります。医局内でのディスカッションも活発で、他科との連携も充実しています。限られた医療資源・検査器具を使用し、病歴聴取・身体診察・EBMを用いた治療を徹底して実践しています。もちろん指導医からのレクチャーも充実しています。

経験豊富な指導医達が皆さんと一緒に働ける日を待っています!

プロフィール

プログラム責任者:難波雄亮(Yusuke Namba)
亀田総合病院神経内科でシニアレジデント研修後に沖縄県立中部病院内科研修プログラムに応募。その後、沖縄県立宮古病院内科で離島勤務を経験し、亀田総合病院神経内科(医長)、沖縄県立中部病院総合診療科で勤務。現在、安房地域医療センター総合診療科部長・亀田総合病院神経内科・沖縄県立中部病院総合診療科を兼任しています。ナースプラクティショナー養成やAHA主催のシュミレーションコースも開催し、研修医の先生と日々診療・教育に励んでいます。

執筆・連載:
見て、読んで、実践!神経ビジュアル診察.medicina.医学書院
プライマリ・ケア診療各論救急.実践誌プライマリ・ケア.日本プライマリ・ケア連合学会編

地域ジェネラリストプログラム

平成23年度より新設されたプログラムです。地域医療の中核を担う安房地域医療センターでの研修を軸とし、将来地域医療に従事する、横断的・統合的なジェネラリスト育成を目標としています。近隣の亀田総合病院と密接に連携し、同院の充実した教育プログラムを共有しています。1年次は安房地域医療センター、2年次は亀田総合病院で主に研修を行います。

後期研修医についてのご応募・お問合せ

担当:診療部事務室